離婚の流れの整理

離婚の相談の時に、弁護士が流れを説明するために手書きで作成するメモをコピーさせて欲しいと希望されることがあります。
乱筆のためお断りさせて頂き、代替的な簡易メモをお渡しすることもありました。
離婚相談に際して、流れが整理出来る簡単なメモをご相談時にお渡し出来るよう、現在準備しています。

法律相談時に作成するメモを、箇条書き程度ですが、ここでも簡単に紹介します。

離婚の流れとしては通常下記の通り。

協議・話し合い → 調停 → 裁判

協議・話し合い・調停においては、離婚するには離婚(及び親権)について合意することが必要。
裁判においては、一方が拒否しても離婚が認められることがあるが、そのためには、離婚原因が必要。
離婚原因は、法律で決まっていて、不貞などいくつかあるが、多くのケースで「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)があるかが問題となる。

離婚の際によく問題となるポイントは、下記の通り。

自分が離婚を希望している場合
1 相手方は離婚に応じるか
2 お子さんがいる場合
(1)親権 自分は希望するか
配偶者は希望するか
(2)養育費 双方の収入はどの程度か
その他、自分や配偶者に特別の希望があるか
(3)面会 親権を取得しない側の親に面会の希望があるか、希望がある場合には頻度・方法等
3 財産分与 結婚してから現在(既に別居している場合には別居時)までに形成した財産はあるか
不動産はあるか
住宅ローンなどの借り入れはあるか
4 慰謝料 自分は希望するか
配偶者から請求されているか
慰謝料の発生する事情があるか
5 年金分割

その他注意点
現在別居をしている場合には、生活費は支払われているか、又は支払っているか

骨組みだけのまとめですが、これをベースに、具体的な事情を書き込んでいくと分かりやすくなると思います。

上記の骨組みに、実際のご相談の場合には、例えば、不動産がある方だと住み続けることを希望するかなど、親権が問題になるケースではお子さんの気持ちや転校の必要があるかなど、様々な具体的な事情が絡んできます。
個別具体的な事情について、上記のうち何についての問題なのかを整理することが、解決への第一歩ではないでしょうか。

また、自治体などの法律相談では、時間が制限されるため、弁護士でも全体的な流れに沿って説明できないこともあります。
時間がない相談の際には、上記を一つの例として自分で整理しながら話を聞くと、後で振り返りやすいかもしれません。

無料法律相談のお申込み

初回45分相談無料(離婚問題は60分無料)

電話での相談申込み:029-303-5811(平日9:30~19:00 土曜10:00~17:00)

メールでの相談申込み24時間受付

ご予約いただければ時間外土日祝日も面談対応可です。

主なお客様対応エリア
交通アクセス
日本司法支援センター 法テラス
水戸ひばり法律事務所は
法テラスの契約事務所です。